1人のクリエイターとして作品撮りを楽しむという事について自分なりに考えてみた【2018】


 

こんにちはNEKOです。

 

先日某アイドルさんと作品撮りをしてきました。

 

フリーランスを続けて気がつけば8年近く経とうとしているんですが、
理由は様々ですが数えて10も無いくらいに
なんだか撮る機会を逃し逃しで【作品撮り】というものを正直してきませんでした。

 

依頼を頂いて撮ったり、家族や友人をスナップ程度に撮る事はあっても
完全な【作品撮り】というものは本当になく。
 

頭の中では

「こんなの!!!」

 
「こうでこうでこう!!!!」

 

というイメージだけは湧くんですが、撮影までに至りませんでした。
なかなか長い間、色々な理由で作品撮りの機会を逃し続けてきたので、どこか心の中で作品撮りをすること自体を自分の中で諦めていたのかもしれません。

  

ですが最近アイドルの加藤しょこらさんと昨年夏に写真集を発売させて頂く機会がありまして

 

 

そこで

【頼まれたものを具現化すること】
 
ではなく
 
【完全に自分で1から考え出した世界を具現化すること】の楽しさに久々に目覚めました。

(写真集を作っていた時のお話はまた別の機会に)

 

多分フリーランスになる前に抱いていた、飛び跳ねたくなる「大きなワクワク感」

 

もちろんお仕事で撮影させて頂いたお写真も大好きですし、
私の作風を好きだとおっしゃってご依頼いただくのは本当にありがたい日々です。

  

しかし、これからの自分の目指す場所を考え時に今のままじゃいけないと思いました。

つい先日、前に誰かが言ってた言葉が響きました。

できるけどやらないのは、できないことと同じ

本当にそうだなと。

   

私の脳内をみる為のメニュー表が無いのにどうやってメニューを注文しろと?

   

確かに今までの制作実績等で「こういうのが作れるのかー」「こういうテイストもいけるのかー」
と感じてはいただけますが、
本気の自由で作ったものとはなんだか別物な気がします。

 

「商品として使いやすい写真」と「写真としてすごい写真」は別モノ…..的な感じでしょうか。
(もちろん仕事としては前者の方がいいとは思いますが)

 

人によっては後者を求めてる人もいると思います。
あとクリエイターとして【味】とか【個性】が出やすいと思うんですよね。
私はどこかで個性を少し個性を押し殺してたような気がします。

   

なので!!2018年からNEKOは自分の為でもありますが、

お客様に『より良いデザイン』や『より良い写真』を
生み出せるクリエイターを目指し続けるのはもちろん、
『あっこの人に頼んでみたら面白そうなものが出来上がりそう』と
思ってもらえる色のついたクリエイターを目指そうと思います。

 
 

というわけで
数年振りの作品撮りとして

今回は関西を拠点に活動するVressのリーダー
【神井 花音】ちゃんを撮影させていただきました!

花音ちゃんを撮影させていただくのは、デビューしたての頃から5年振りです。
今やvressのリーダーとして頑張っているとはなんと感慨深い….!!

 

デビュー当初はまだ大学生だった彼女も素敵なレディになった感じを表現したく、
シンプルにタンクトップ・白いブラウス・ジーンズ・パンプスです。

 


  
また白い部屋風に撮影したカットもありますが、それはまた別の記事にて

 

NEKOでした